トップページ > 研究会開催情報

研究会開催情報

第06回研究会

日時 2017年7月26日(水)13:00〜17:00(受付12:45〜)
概要
【所在地】
  • 東京ビッグサイト会議棟607
  • 〒135-00063 東京都江東区有明3-11-1
【地図】

大きな地図で見る
【交通】
  • 「国際展示場」駅下車徒歩約7分(りんかい線)
  • 「国際展示場正門」駅下車徒歩約3分(ゆりかもめ)
【定員】

100名

【参加費】

2,000円(年会費を含む)

プログラム
13:00~13:05 会長よりご挨拶
早稲田大学 研究院教授 日本アントシアニン研究会会長
矢澤 一良
13:05~13:50 第1部
機能性評価査定会議 評価対象成分:ビルベリーエキス
調査発表:
研究会会員
評価委員:
加藤久典(東京大学大学院特任教授)、唐木英明(東京大学名誉教授)、日比野康英(城大学教授)、室伏きみ子(お茶の水女子大学学長)
13:50~14:50 第2部 企業研究発表
座長:名古屋大学 教授
吉田 久美
演題:
Standardized bilberry extracts: composition differences (beyond a standard CoA) translate into a different bioavailability and biological response (a metabolomic approach)
邦題:
標準化ビルベリーエキス:組成の違い(標準的なCoAを超えた)によるバイオアベイラビリティー及び生物学的反応の違い(メタボロミクスを用いたアプローチ)
講演者:
Indena S.p.A. (Italy)
Paolo Morazzoni
14:30~14:50
座長:中部大学 教授
津田 孝範
演題:
機能性表示食品制度に向けたビルベリー由来アントシアニンの研究動向
講演者:
株式会社常磐植物化学研究所 嶋田典基
14:50〜14:55 休憩 5分間
14:55~15:20 第3部
座長:京都薬科大 名誉教授
吉川 雅之
演題:
エビデンスを再現させるための品質とは
講演者:
一般社団法人 日本健康食品規格協会(JIHFS) 理事長
池田 秀子
15:20~15:45 第4部
座長:(公財)食の安全・安心財団理事長 東京大学名誉教授
唐木 英明
演題:
機能性関与成分の定義を考える
講演者:
国立医薬品食品衛生研究所  薬品部長
合田 幸広
15:50~16:50 第5部 御講演 学術界のあり方、眼科医の考え方
座長:城西国際大学 学長
杉林 堅次
前半の部 15:50~16:20
御講演:
光のサプリメント
講演者:
慶應義塾大学教授 日本アントシアニン研究会名誉会長
坪田 一男
後半の部 パネル討論 16:20~16:50
坪田 一男(慶應義塾大)、矢澤 一良(早稲田大)
16:50~17:00 閉会のご挨拶
日本アントシアニン研究会コンプライアンス委員長 鈴鹿医療科学大学
副学長 長村 洋一
日本アントシアニン研究会会長 早稲田大学 研究院教授
矢澤 一良
懇親会 会場:東京湾クルージングパーティー
会費:8,000円
乗下船桟橋:有明桟橋
時間:18時~20時(途中下船はできません)
乗船開始:17時50分
定員:100名
※研究会に参加されていない方は参加できません。
お申し込み PDF形式 エクセル形式

過去の研究会開催情報

第17回日本抗加齢医学会総会ランチョンセミナー

第05回研究会

第04回研究会

第03回研究会

第02回研究会

第01回研究会